福祉とまちづくりの建設職人

青年協議会

青年協議会って何?

東京都連に加盟している組合青年部の代表者(幹事)が集まって組織され、様々な活動を通じて仲間作りや共通の目標を考えていく場で、現在5組合(東京建設、南建、建設ユニオン、東建従、東京土建)の青年部が加盟しています。 東京都連には、大小含めて色々な組合・支部があり、活動の内容や得意分野なども多種多様です。それぞれが持つ特色を引き出し、時に1つの組合が抱える悩みがあれば、みんなで協力して解決していく場でもあります。 幹事会は毎月1回東京都連で開催されています。

例えばこんな活動をしています

楽しい催し

とにかく青年部は、楽しい事が基本です。単組間の交流を目的としたレクレーション活動では、バーベキューやドッヂボール大会なども行っています。また、各種行事や会議のあとにも、懇親会はしっかりやってます。

学習活動

楽しい企画がある一方で、やはり若者である以上は、勉学に励む事が必要です。学習のテーマは幹事会の中で、ニーズ性の高いものを中心に決定されます。最近では、拡大幹事会での不払い問題学習会、定期大会でのアスベスト問題学習会等を実施しています。

技術対策活動

技術対策部との共催により、毎年8月頃に、青年技能競技大会を開催しています。満35歳以下の青年組合員を対象に、規矩術を用いた「四方転び踏み 台」を課題作品として制限時間内に作成し、腕を競い合う大会です。また、大会出場への足がかりとして、大会初心者を対象とした「青年技能講習会」を開催し ています。

賃金対策活動

組合運動の中心でもある賃金要求には、青協でも独自に取り組んでいます。青年建設職人の賃金・単価は大変厳しい状況ですが、この情勢に流されるだけ でなく、やれる事からしっかり取り組んでいきます。都連青協では、組合・支部青年部での討議を経て、独自の賃金要求も行なっています。さらに今後は、建退 共(建設労働者のための退職金制度)普及に向けた取り組みを行なっていきます。

全国の仲間と…

東京都連青協は、全建総連が組織する全国青協に加盟しています。日本全国から集まる多くの仲間と意見交流を行う場が、全国青協の大きな活動である 「全国青協交流集会」です。他にも、全国青協定期大会・幹部会議や、関東各県連で組織されている関東青協での活動も、それぞれ年に1回開催されています。

活動を広げていきます

東京都連青協の原動力は、各組合・支部青年部の力です。組織に違いはあっても、活発な提案力があれば、それはやがて組合から東京都連、さらに全建総連へと活動が広がり、やがて大きな運動にも結びつきます。 東京都連青年協議会は、全組合青年部員のみんなで作る協議会です。

TEL 03-3200-7911

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGETOP
Copyright © 全建総連東京都連 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.