全建総連では、組合員の資格取得による技術・技能の向上を支援する目的で2018年4月から技能者育成基金制度を開始します。新設される「資格取得報奨金制度」では、取得した資格に応じ3千円~1万円を全建総連から所属組合を通じて組合員の方々に支給します。申請は、➀資格取得報奨金制度申請書と、⓶資格取得を証明する書類(合格証書、修了証明書など)を所属組合に提出してください。詳細については、所属組合にお問合せください。

 「資格取得報奨金制度」の対象資格 
   区分1:10,000円 一級建築士、設備設計一級建築士、構造設計一級建築士、単一等級技能士、一級技
            能士、一級施工管理技士、第一種電気工事士、電気主任技術者(第一種、第二種)、電気
            通信主任技術者、給水装置工事主任技術者、登録基幹技能者
   区分2:6,000円 二級建築士、木造建築士、二級技能士、二級施工管理技士、第二種電気工事士、電気
            主任技術者(第三種)、電気通信工事担任者、職業訓練指導員免許
   区分3:3,000円/作業主任者(ガス溶接、コンクリート破砕器、ずい道等の履工、ずい道等の掘削等、採
            石のための掘削、鋼橋架設等、コンクリート橋架設等、特定化学物質及び四アルキル鉛
            等、鉛、木材加工用機械、地山の掘削及び土止め支保工、型枠支保工の組立て等、足場
            の組立て等、建築物の鉄骨の組立て等、木造建築物の組立て等、コンクリート造の工作
            物の解体等、酸素欠乏・硫化水素危険、有機溶剤、石綿)