キャリアアップシステム

12月14日、全建総連会館にて50名の参加で東京都連技術対策活動者会議を開催しました。当日は、東京都連・渡辺技術対策部長の基調報告の後に、「建設キャリアアップシステムと技能評価基準」について東京土建技術研修センターの山本事務局長、「能力評価基準と資格取得の重要性」について全建総連の小倉技術対策部長よりそれぞれ講演をうけました。「建設キャリアアップシステム運営協議会」(事務局 国土交通省土地・建設産業局及び建設業振興基金)には全建総連もその一員として参画しています。2018年度から開始される予定の同システムと、今後の建設技能者の技能の適切な評価と処遇改善に向けた動きについて参加者で理解を深めました。また、東京建築高等職業訓練校と東京建築カレッジから取り組み報告も行われました。