DSCN0642

7月24日(日)、都立多摩職業能力開発センター府中校において「全建総連東京都連第30回青年技能競技大会」を開催しました。青年技能競技大会は、技能レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与えると共に、技能尊重機運の醸成を図ることを目的に毎年開催されています。支給材料を用いて6時間の間に「四方転び踏み台」を製作することが競技課題です。今年は24名(うち10名が大会初出場)の選手が出場し、真剣に技能を競い合いました。東京大会での上位4名は、東京都連代表として、全建総連第32回全国青年技能競技大会に出場します。本年度の全国大会は、徳島県徳島市「アスティとくしま」で8月27日~29日の日程で開催されます。皆さんの応援をよろしくお願いします!